ふくおかFGの五島社長 コロナ禍の資金繰り支援から本業支援へ

有料記事

聞き手 座小田英史
[PR]

 福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行などを傘下に持つ「ふくおかフィナンシャルグループ」(FFG)の五島久社長が、新年向けの朝日新聞のインタビューに答えた。新型コロナの影響、世界的な半導体メーカー「台湾積体電路製造(TSMC)」の進出、モバイル専業銀行「みんなの銀行」などについて語った。

 ――経済情勢はどう見ていますか。

 「コロナによる行動制限がない中で消費活動、企業の設備投資が改善してきています。これに加えて九州はTSMCの熊本進出と、不動産市場が活況です」

 「中期経営計画1年目としては、コロナ禍の資金繰り支援から本業の支援に移行しています。ここを広げながら、(「みんなの銀行」といった)デジタルのチャンネル、デジタルとヒューマンタッチなサービスの構築を進めています」

 ――TSMC進出は大きなインパクトです。

 「九州は『シリコンアイランド』と言われていました。京セラの諫早工場建設などもあり、これを機に活性化に向けて動くと期待しています」

 「2021年11月からチームをつくり、情報を集めています。すでにお住まいとか、進出する工場とか、熊本銀行で持っている情報案件は数百件に積み上がっています」

 ――みんなの銀行は2年目を…

この記事は有料記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

金融緩和とは結局、何だったのか。分かりやすいイラストや専門記者の解説で探るとともに、私たちの暮らしへの影響を検証します。[記事一覧へ]