• アピタル

大寒波、ヒートショックにご用心 家の中の寒暖差小さく、浴室暖めて

浅野真
写真・図版
[PR]

 【埼玉】おはようございます。とっても寒い朝ですね。きょうは、日中も最高気温は前橋で2度、宇都宮で1度、さいたまで3度の予報で、かなり低い。低温も災害のひとつです。室内での注意点をまとめました。高齢や血圧の高い方は、「自分ごと」としてお読みください。

 温度の急激な変化で血圧が上がる「ヒートショック」で、心筋梗塞(こうそく)や脳出血が起きて死ぬこともある。

 冬場の寒さがもたらす、「冬季死亡増加率」というデータがある。栃木県によると、都道府県別では同県がワースト1位だ。死因として、心臓や脳血管の病気も多い。

 そのリスクが一番高いのは、築年数が経っていて、断熱・機密性の低い家だ。暖房のある部屋と、廊下やトイレとの寒暖差が大きくなりやすい。

 対策は、まずは室温をできるだけ均一にすること。燃料代は高騰しているが、少なくとも大寒波が去るまでは節約モードはやめたほうがいい。夏の熱中症を思い出してほしい。多くの人が、冷房を適切に使わなかったことで、亡くなっている。

 なかでも、トイレと風呂はリスクが高い。特に風呂は、浴室と脱衣場の寒暖差が血圧に影響する。電気ファンヒーターなどがあれば、脱衣場を暖めてから服を脱ぐ。浴室も、事前に湯を張った浴槽のふたを開けたり、床にお湯をかけて暖める。「寒いから入浴しない」という判断も大切だ。

 トイレは排泄(はいせつ)時にいきんだとき、血圧が急上昇する。寒いからと言ってトイレは我慢してはいけない。トイレ内にもファンヒーターを置きたい。ただ、電気ストーブなどは引火の可能性があるので要注意だ。

 居間のドアを少し開けておくと、暖気が廊下にも流れ、寒暖差が小さくなる。(浅野真)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント