ペンス前米副大統領の自宅でも機密文書 弁護士が発見、FBIが回収

有料記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 米CNNなどは24日、ペンス前副大統領の自宅から十数点の機密文書が見つかったと報じた。トランプ前政権で2021年まで副大統領を務めていた時期の文書とみられ、退任前に「不注意」で持ち出したとペンス氏側は説明している。機密文書は連邦捜査局(FBI)が回収したという。

 共和党トランプ前大統領民主党バイデン大統領はいずれも、機密文書の持ち出しで責任を問われ、足元でバイデン政権を悩ませる政治問題にもなっている。機密文書は退任時に国立公文書記録管理局(NARA)に引き渡す義務がある。再び共和党の側でペンス氏によるずさんな扱いが発覚し、文書管理の仕組み自体を問う声も出ている。

 報道によると、インディアナ…

この記事は有料記事です。残り481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント