NASA、2027年にも原子力ロケット試験 有人火星探査で利用へ

有料記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 米航空宇宙局(NASA)と米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)は24日、原子力推進ロケットのエンジンの実証試験を2027年にも行うと発表した。火星への有人飛行を見据えたエンジン開発となる。

 原子力推進ロケットのエンジンは、小型原子炉での核分裂によって得られた熱で推進剤を高温にし、膨張させ噴射する。固体燃料や液体水素などを燃やす従来の方法と比べて、同じ量の推進剤から3倍以上のエネルギーが得られるという。

 このエンジンを積んだロケットの開発に成功すれば、目的地までの飛行時間が短くなるため、搭載する食料などが少なくて済む。NASAは声明で「より速く、より効率的な輸送技術が確立できれば、月そして火星の探査をするという目標の達成を促進することになる」とした。

 実証試験では原子炉を搭載したロケットを打ち上げることの安全性や、宇宙飛行士が搭乗した場合の健康への影響などが検証されるとみられる。DARPAが原子炉を含む全体の開発を担当し、安全性の確立や承認プロセス、セキュリティーの確保なども担う。

 これまでの宇宙探査機には…

この記事は有料記事です。残り192文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント