満員電車立ち往生5時間 最後尾トイレに行列、「自衛隊呼べ」怒声も

有料記事

浪間新太 阿部峻介
【動画】京都ー山科間で立ち往生した列車から降り、最寄りの山科駅へ歩く乗客ら=乗客提供
[PR]

 今季最強の寒波の影響で24日夜~25日未明にかけてJR京都線、琵琶湖線で15本の電車が立ち往生した。中には5時間前後にわたって車外に出られないケースもあった。帰宅時間とも重なり、満員だった車内はどうなっていたのか。

 「車内はすし詰め状態ですごく暑かった。酸素も薄い感じ。マスクもしていたので、息苦しかった」

 大津市の会社員男性(26)はそう振り返る。

 京都府長岡京市の職場から自宅に帰る途中だった。午後8時ごろ、滋賀方面に向かう電車に乗った。出発は定刻から1時間半ほど遅れ、車内はほぼ満員。「立っていたが、身動きが取れないくらい混雑していた」

 出発から数分後、山科駅の手前で止まった。「分岐ポイントにトラブルがある」という車内放送があった。

 そこから2時間。車内では徐々に、体調不良を訴えて座り込む人が出始めたという。男性は「歩いて駅に向かったほうがいいのでは」と思った。停車した位置からなら、山科駅まで歩いても20分ほどだ。

 しかしドアは開かない。「雪…

この記事は有料記事です。残り980文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント