人事院係長を名誉毀損容疑で逮捕 弁護士を中傷する画像や文章投稿か

[PR]

 インターネット上で男性弁護士の名誉を傷つける投稿をしたとして、大阪府警は25日、人事院近畿事務局の任用係長、石崎敦子容疑者(40)=大阪府豊中市服部元町2丁目=を名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 捜査1課によると、石崎容疑者は昨年3月15日午後7時10分ごろ、インターネットの掲示板に、40代の男性弁護士の顔写真と動物の耳を合成した画像と、この弁護士が迷惑行為を実行するかのような文章を投稿し、弁護士の名誉を傷つけた疑いがある。画像には弁護士の名前も書き込まれていた。府警は、容疑者は弁護士と面識はなかったとみている。

 同課によると、この男性弁護士は、2015年ごろからネット上で不特定多数とみられる人物から誹謗(ひぼう)中傷が続き、警察に相談していたという。

 府警は別事件の捜査の過程で、今回の書き込みを発見。押収した石崎容疑者のスマートフォンから、投稿されたものと同じ画像などが見つかったという。人事院によると、石崎容疑者は採用などを担当しているという。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント