ソフトバンクから巨人へ 18年目の熱男が新人と汗して考えること

有料記事読売ジャイアンツ

堀川貴弘
[PR]

 今年は「熱男(あつお)旋風」を。

 17年間プレーしたソフトバンクを昨年退団し、巨人に移籍した松田宣浩が、40歳になるシーズンに向けて意欲を燃やしている。

 24日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを公開し、「いよいよ始まるな、という思い。身も心も全部いい感じでキャンプを迎える準備はできている」と話した。ジャイアンツ球場に足を踏み入れるのは、ルーキーだった2006年秋の、巨人との練習試合以来だったという。

 守備練習では浅野翔吾(香川・高松商高)ら新人たちといっしょにノックを受ける場面があった。「僕もジャイアンツ1年目、ルーキーも1年目。楽しい時間を過ごすことができました」

 「元気出して行こう!」。ひときわ大きな松田の声が球場に響いた。

 ドラフト1位の浅野とも言葉を交わした。

 「僕が39歳で浅野君が18歳。もう20歳も違うので、(プロ野球というのは)本当にそういう世界だなと改めて感じた。一生懸命、切磋琢磨(せっさたくま)してお互い頑張っていきたい」

 浅野も熱心に“絡んでくる”…

この記事は有料記事です。残り791文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント