91歳の妻に暴行、死亡させた疑い 92歳夫を逮捕 北海道北見市

[PR]

 北海道北見市西三輪4丁目の住宅で昨年11月、住人の小林一子さん(当時91)が倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された事件で、道警は25日、夫で無職の繁哉容疑者(92)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 道警によると、繁哉容疑者は昨年11月26日ごろ、自宅で一子さんに暴行し、頸髄(けいずい)損傷などのけがを負わせて死亡させた疑いがある。繁哉容疑者が「妻が倒れた」と119番通報し、発覚した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント