関東南部の平野でも27日は夜にかけて雪の可能性 南岸低気圧近づく

寒波

[PR]

 太平洋側に雪を降らせやすい「南岸低気圧」が日本の南を通過している影響で、27日午後は関東甲信地方の平野部でも雪が降って積雪となるところがある見込み。東京都心でも降雪の可能性がある。

 気象庁によると、南岸低気圧は27日夜に伊豆諸島付近を通過するため、次第に関東地方で雪や雨が降るという。

 28日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、関東北部山地15センチ▽関東北部平地3センチ▽関東南部山地2センチ▽関東南部平地1センチ。地上気温の低下が予想を上回った場合などは、大雪注意報が出る可能性がある。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません