キジ猟の弾がスクールバスのガラス突き破る 高校生らけがなし 千葉

近藤咲子
[PR]

 4日午前8時ごろ、千葉県市原市荻作の田畑で「狩猟をしていた流れ弾がスクールバスに当たった」と110番通報があった。スクールバスには東海大付属市原望洋高校=同市=の生徒と運転手の計25人が乗っていたが、けがはなかった。

 千葉県警によると、キジ猟をしていた自称会社員の男性(52)=佐倉市=が猟銃を発射したところ、1発が近くの市道を走行していた同校のスクールバスに誤って当たった。弾はバス左前方の乗降口のドアのガラスを突き破り、車内で見つかった。バスには同校の1、2年生24人が乗車し、登校途中だったという。

 県警では、銃刀法違反や鳥獣保護法違反などを視野に調べる。(近藤咲子)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料