渋谷のスクランブル交差点で打ち上げ花火 道交法違反容疑で書類送検

御船紗子
[PR]

 東京・渋谷スクランブル交差点で打ち上げ花火発射したとして、警視庁は15日、関東地方に住む自称翻訳業の30代の男を道路交通法違反(禁止行為)容疑で書類送検した。男は容疑を認め、「スクランブル交差点で花火を打ち上げれば目立つと思った」と話しているという。

 捜査関係者によると、男は昨年11月14日午後10時すぎ、東京都渋谷区のJR渋谷駅前のスクランブル交差点の横断歩道上で、打ち上げ花火を発射して周囲の交通に危険を生じさせた疑いがある。

 事件直後には通行人が撮影したとみられる動画がSNSで拡散された。それによると、男は手に持った打ち上げ花火を数十発打ち上げ、うち数発は歩道に向かって真横に発射されていた。周辺には横断歩道を渡る多数の歩行者の姿も確認できた。御船紗子

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません