中国、ウクライナ侵攻1年で「対話と停戦」提案 米欧へ批判と配慮も

有料記事ウクライナ情勢

北京=高田正幸
[PR]

 中国外務省はロシアのウクライナ侵攻から1年となる24日、ロシアとウクライナの双方に直接対話の再開や停戦、和平交渉の開始を呼びかける文書を発表した。平和的解決に向けた積極的な姿勢をアピールした格好だが、実現のために中国政府がどう行動するかは示していない。

 発表したのは「ウクライナ危機の政治的解決に関する中国の立場」と題する文章。中国政府は「ロシアとウクライナが互いに歩み寄り、早期に直接対話を再開し、最終的には全面的停戦で合意することを支持する」と表明した。

 「対話はウクライナ危機を解決する唯一の道だ」と訴え、国際社会にも協力を求めた。ただ、対話や和平の実現に向けた具体策には触れず、「中国は引き続き建設的な役割を果たす」と示すにとどまった。

 一方、「各国は火に油を注ぐ…

この記事は有料記事です。残り473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

書籍「ウクライナ侵攻 10の焦点」が発売中

書籍「ウクライナ侵攻 10の焦点」が発売中

1年余のウクライナ取材の集大成となる「検証 ウクライナ侵攻10の焦点」が発売中。朝日新聞出版、1870円(税込み)。※「朝日新聞出版」のサイトへ遷移します。[もっと見る]