大阪桐蔭、2桁安打は1試合のみ 前田「この日学んだ弱さをなくす」

[PR]

(31日、第95回記念選抜高校野球大会準決勝 兵庫・報徳学園7―5大阪桐蔭)

 連覇の夢は、あと2勝で途絶えた。

 大阪桐蔭の先発・南恒誠が七回につかまった。先頭から4連打を浴びるなど1点差に。なおも無死一、三塁でエース左腕の前田悠伍をマウンドに送るも、相手の勢いを止められなかった。西谷浩一監督は「(南恒で)いけるところまでいこうと思っていた。結果的には、もう少し早く代えてあげれば良かった」と悔やんだ。

 昨秋の明治神宮大会で史上初の連覇を遂げ、優勝候補の筆頭とされて臨んだ今大会。2桁安打は準々決勝の東海大菅生(東京)戦のみで、この日は8安打。報徳学園打線に対抗できなかった。主将も務める前田は「自分たちの実力のなさを痛感できた。悔しい気持ちはあるけど、この日学んだ弱さを夏までになくしていけたらいい」。一層強くなって戻ってくると誓った。

 ●西谷浩一監督(大) 母校に逆転負け。「勝たないといけない試合だった。この大会は、なかなか攻撃がうまくいかないのが露呈した。力が足りなかった」

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません