テゲバジャーロ、開幕戦飾れず 松田新監督「方向性問題ない」

石川雅彦
[PR]

 サッカーJ3・テゲバジャーロ宮崎は5日、宮崎県新富町のユニリーバスタジアム新富で開幕戦を迎えた。AC長野パルセイロに0―2で敗れ、松田浩・新監督の初陣を飾れなかった。

 試合開始直後の前半5分、巧みなパス回しから先制点を奪われた。後半はボールを支配する時間が多くなったが、試合終了間際の41分にカウンターから再び失点した。

 2点差をつけられたが、シュートは相手の6本を上回る9本を放った。今回からマスクをしたうえで声援を送れるようになり、集まった1616人の観客は声でチームを後押しした。松田監督は「チームの方向性は問題ない。次戦に向け調子のいい選手を見つけて戦っていきたい」と話した。

 次戦は12日、ホームでFC大阪と対戦する。(石川雅彦)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料