動物虐待、昨年の摘発は過去2番目の多さ ダックス27匹置き去りも

吉沢英将
[PR]

 動物を虐待したとする動物愛護法違反で全国の警察が昨年(2022年)1年間に摘発した事件は166件あり、187人が逮捕・書類送検されたことが警察庁のまとめでわかった。統計を取り始めた10年以降では、21年の170件、199人に次ぎ、件数・人数とも2番目に多かった。警察庁が23日、発表した。

 虐待された動物は猫(91件)と犬(53件)で9割近くを占める。ウサギ、馬、ハムスターなどへの虐待もあった。内容別では、生きたまま捨てる「遺棄」が74件と最多で、えさを与えなかったり劣悪な環境で飼ったりする「虐待」が49件、「殺傷」が43件と続いた。

 逮捕者は20人。容疑の概要は、空き地などにミニチュアダックスフント27匹を置き去りにした▽内縁の妻の飼い犬の腹を包丁で切りつけた▽犬18頭を不衛生な環境で飼育した――など。

 摘発件数が多くなっている背景について、警察庁は「動物への保護意識が高まり、寄せられる通報が増えたためではないか」とみる。昨年摘発した166件のうち、第三者の市民や愛護団体からの通報で警察が認知したのは計109件。前年より4件多く、全体の6割以上を占めた。(吉沢英将)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

  • commentatorHeader
    太田匡彦
    (朝日新聞記者=ペット、動物)
    2023年3月24日11時5分 投稿
    【解説】

     警察が動物愛護法違反で摘発する動物虐待の数はもともと増加傾向にあったが、2022年も21年に続いて高水準だった。背景には、動物愛護やアニマルウェルフェア(動物福祉)についての社会的な関心の高まりや、なにが「動物虐待」にあたるのか定義が明確