機動力の健大高崎、難敵は強肩の捕手 報徳学園の堀「僕が鍵を握る」

[PR]

 第95回記念選抜高校野球大会の大会本部は23日、天候不良が予想されるとして、予定されていた2回戦3試合を中止すると発表した。日程は1日ずつ順延され、休養日は準々決勝翌日の29日、準決勝翌日の31日、決勝は4月1日になる。

 この日、予定されていたのは健大高崎(群馬)―報徳学園(兵庫)、氷見(富山)―山梨学院、高知―履正社(大阪)の3カード。

 健大高崎の主将森田光希は順延にも、「自分たちが調整できる時間が増えた」。この日は打撃を中心に練習したという。報徳学園を束ねるのは強肩強打の捕手・堀柊那(しゅうな)。積極的に次の塁を狙う「機動破壊」を掲げる健大高崎にとって難敵だが、森田は「良いスタートを切る練習はしているし、自信はある。果敢に攻めたい」とひるまない。「やってきたことを存分に発揮して、初戦を突破したい」

 報徳学園の主将で捕手の堀柊那は順延を歓迎する。健大高崎は昨秋の8試合で計18盗塁を記録した機動力が強みのチーム。強肩が自慢の堀は「僕が鍵を握る。準備をする時間が増えたのはよかった」。前日はワールド・ベースボール・クラシックWBC)決勝をテレビ観戦し、優勝した日本代表から刺激をもらった。「選手の本気度が伝わってきた。僕たちも頂点をめざしたい」

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません