統一地方選へ、なりふり構わぬ岸田政権 旧統一教会の議論は「封印」

有料記事統一地方選挙2023

森岡航平 笹川翔平 高木智也 菅原普
[PR]

 4月23日まで1カ月にわたる統一地方選が始まった。与党は直前に打ち出した総額2兆円超の物価高対策や外交実績をアピールし、野党は安全保障政策などで政権批判を強める。地方の足場固めに力を入れる与野党が見据えるのは、岸田文雄首相の「中間評価」ともいえる衆参5補選(4月23日投開票)だ。

 「新年度予算案には経済再生、成長分野への投資拡大、さらには子育て施策の充実など重要施策が盛り込まれている。一日も早く成立させたい」

 春の政治決戦幕開けとなった23日、自民党の茂木敏充幹事長は大分市でマイクを握り、こう続けた。「大分で予定されている参院補選へとしっかりとつないでいきたい」。2012年の政権復帰にも触れ、「当時、統一地方選での勝利を原動力に政権を奪還した」と統一選の重要性を強調した。

 勝利に向け、岸田政権はなりふり構わぬ姿勢で次々と手を打ってきた。

 1週間前の17日には唐突に…

この記事は有料記事です。残り1812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

統一地方選挙・衆参補選2023年

統一地方選挙・衆参補選2023年

ニュースや連載、候補者など選挙情報を多角的にお伝えします。[もっと見る]