好きな言葉は「小さな巨人」 専大松戸の広川、フルスイングで大暴れ

[PR]

(27日、第95回記念選抜高校野球大会3回戦 千葉・専大松戸6-4高知)

 2点を追う二回裏、次打者席に入った専大松戸の広川陽大(ひなた)選手(3年)を持丸修一監督が呼び戻した。「インコースの球を逃すな。振り切っちゃっていい」。

 1死二塁だった。普段は送りバントをする機会が少ない5番太田遥斗選手(3年)が犠打で走者を進めていた。「自分が打って点を入れなければ」。

 初球から高めに浮いた直球が3球続いた。ストライクを1球見逃し、5球目はファウル。フルカウントから内角にきた球を強振すると、金属音が響いた。

 大きくなっていく場内の歓声とともに、打球は右翼ポール際へぐんぐん伸びて公式戦初のスタンドイン。「切れると思ったが、入ってくれてよかった」。流れを取り返す同点の一発になった。167センチ、61キロと小柄だが、「長打力もあり、逆方向にも打てる」と持丸監督は評価する。

 昨秋の背番号は2桁だった。練習試合で犠打に失敗し、先発メンバーから外れた。「今までで一番悔しかった」。冬の間、打撃練習で大森准弥主将(3年)とペアを組み、一箱に約110個が入った球を一日3箱使い、打撃を磨いた。

 「小さくても、フルスイング」。今大会は背番号「3」を勝ち取った。この日は八回にも左翼線に安打を放ち、貴重な6点目をたたき出した。好きな言葉は小さな巨人。「甲子園で暴れたい」と話していた夢が、かなった。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません