新しいリズムの波を生み出す 作歌40年を迎えた歌人・加藤治郎さん

有料記事

佐々波幸子
[PR]

 歌人で朝日新聞「東海歌壇」選者の加藤治郎さん(63)が作歌40周年を迎え、東京都内で5日、12冊目の歌集『海辺のローラーコースター』(書肆侃侃房)の出版記念会が開かれた。4人の歌人がパネリストを務めた批評会では、五七五七七の定型にとどまらない音数律に挑む姿勢が浮かび上がった。

 加藤さんは1983年に短歌結社「未来短歌会」に入会し、88年に第1歌集『サニー・サイド・アップ』で現代歌人協会賞を受賞。口語短歌のパイオニアとして知られる。オウム真理教の事件の強制捜査を詠んだ歌〈押収のドラム缶にはあるらーん至福の砂糖こそあるらーめ〉は寺山修司短歌賞の受賞作『昏睡(こんすい)のパラダイス』に収められた一首だ。

 パネリストの石川美南(みな)さんは、今回の歌集から〈おもちゃ売り場の貨物列車のパンタグラフが伸び切って生きてください〉〈さみしさの彫られた頰をつけた俺ぼんやりとカフェにいたって駅にいたって〉といった歌を引用し、「五音七音を維持しつつ、組み合わせを変えたりして新しいリズムの波を生み出そうとしている」と評した。

 奥田亡羊(ぼうよう)さんは…

この記事は有料記事です。残り448文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません