「最後のピース」陸自石垣駐屯地の開設式典 中国念頭の南西シフト

有料記事

田嶋慶彦 渡辺丘
[PR]

 沖縄県石垣島陸上自衛隊石垣駐屯地で2日、開設記念の式典があった。防衛省は軍事活動を活発化させる中国を念頭に「南西シフト」を進めており、浜田靖一防衛相は隊員に「南西地域の防衛体制の強化は、我が国を守り抜くという決意の表れだ。隙のない防衛体制は諸君の肩にかかっている」と訓示した。

 防衛省は南西諸島の主要な島々に駐屯地を設けてきた。「最後のピース」と位置づけていた石垣駐屯地は3月16日に開設し、約570人を配備した。

 式典では、駐屯地の井上雄一朗・司令が「中国の東シナ海や西太平洋における活動は、より活発化している。我が国防衛の重要正面である石垣駐屯地においても、情勢からひとときも目を離すことはできない」と述べた。

 浜田氏は式典終了後、記者団…

この記事は有料記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません