芝居小屋に残る坂本龍一さんのサイン 都市と森つなぐ思い、年輪刻む

有料記事

ライター・森川洋
[PR]

 岐阜県中津川市加子母の芝居小屋「かしも明治座」の楽屋内にある腰板に、亡くなった音楽家坂本龍一さんの直筆サインが残っている。東濃歌舞伎中津川保存会の元会長、市川尚樹さん(61)は、坂本さんから受けた、「楽しんで、少し背伸びしてでも続けて」という励ましを今も覚えている。

 かしも明治座は、2012年に坂本さんが代表を務める森林保全団体「モア・トゥリーズ」と、地元の森林組合などが結んだ森づくり協定の会場となった。その際、市川さんら地歌舞伎関係者は、「上演」というサプライズを企画し、一場を披露した。

 坂本さんは、明治中期に住民…

この記事は有料記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら