RSVワクチン、妊婦に接種→赤ちゃんの発症予防効果「57%」報告

有料記事

米田悠一郎
[PR]

 米国などの国際研究チームは5日、乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルス感染症に対するワクチン臨床試験(治験)の結果を発表した。米ファイザー社が開発中のワクチンで、接種した妊婦から生まれた赤ちゃんでは、生後3カ月以内で57・1%の発症予防効果が確認された。米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。

 ワクチンは、妊婦に接種することで赤ちゃんが抗体をもつことをねらったもの。治験では、日本や米国など18カ国の妊娠24~36週の妊婦7358人をワクチンを接種したグループと、有効成分が含まれていない偽薬を使ったグループとに分け、生まれてきた赤ちゃんの予防効果をみた。その結果、発症を予防する効果は生後3カ月以内で57・1%、同半年以内で51・3%。重症を予防する効果は生後3カ月以内で81・8%、同半年以内で69・4%だった。

 倦怠(けんたい)感や頭痛などの副反応がみられたが、同社は「安全性に問題はない」としている。

 別の論文では、60歳以上の高齢者への効果も発表。RSウイルスに関連した呼吸器疾患への発症予防効果は62・1%だったという。

 RSウイルスワクチンは同社のほか、英グラクソ・スミスクライン社や米モデルナ社なども開発を進めている。承認されれば世界で初めてのRSウイルスワクチンとなる。

 日本ではファイザー社が妊婦…

この記事は有料記事です。残り257文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら