ウクライナは「撤退なき停戦」警戒 「仲介役」狙う中国の伏線とは

有料記事ウクライナ情勢

喜田尚 北京=高田正幸
[PR]

 ロシアによる侵攻を受けるウクライナゼレンスキー大統領と中国の習近平(シーチンピン)国家主席が26日、侵攻が始まってから初めてとなる電話協議に臨んだ。中国がこれ以上ロシア寄りになることを避けたいウクライナと、「仲介」を強調する中国との思惑が一致して実現した協議だが、ロシア軍の撤退や和平について、両国の隔たりは大きい。

 ウクライナ大統領府によると、ゼレンスキー氏は習氏に「この戦争を始めたのは我々ではない」と訴えた。「領土解放(作戦)を続ける」とする一方で、「ウクライナ国民ほど平和を望む人々はいない」とも話したという。

 中国外務省は電話協議がウクライナ側の要望で行われたとした。だが、ゼレンスキー氏が習氏との協議に臨む意思を明確に示したのは、中国がロシアのウクライナ侵攻をめぐる12項目の「立場」文書を発表した2月24日だった。習氏が3月下旬にロシアでプーチン大統領と会談した際には、習氏がゼレンスキー氏と直後に電話協議するとの見方もあったが、そこから1カ月以上かかった。

中国をつなぎとめたいウクライナ 懸念するのは…

 ウクライナにとって、領土か…

この記事は有料記事です。残り1639文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら

書籍「ウクライナ侵攻 10の焦点」が発売中

書籍「ウクライナ侵攻 10の焦点」が発売中

1年余のウクライナ取材の集大成となる「検証 ウクライナ侵攻10の焦点」が発売中。朝日新聞出版、1870円(税込み)。※「朝日新聞出版」のサイトへ遷移します。[もっと見る]