第5回大手は撤退…あえて開いた団地の本屋 「自分以外誰が挑戦するのか」

有料記事

小林直子
[PR]

 そこは大手の書店が撤退した場所だった。約1万3千人が暮らす横浜市旭区の若葉台団地。住人の三田修平さん(40)は、あえてこの場所で本屋を持つことにした。「団地の本屋」に可能性を感じたからだ。

 2022年8月、「BOOK STAND若葉台」のオープンにこぎ着けた。80平方メートル余りの店内には新書、絵本、NHKの語学テキストなど様々な本が並ぶ。新聞の切り抜きを手に本の取り寄せをする高齢者や、小さな子どもを連れた母親、定期購読の雑誌を取りに来るビジネスマン……。客層は幅広い。

 でも、三田さんの悩みは尽きない。

 「どういうスタイルなら生き延びられるのか。難しいです」

 「本屋をやろう」と決めたのは大学時代。勉強の延長で読んだ経済小説が「めちゃくちゃおもしろかった」からだ。様々なジャンルを読みあさるようになり、本好きが高じて大手書店に就職した。

 転職して東京・渋谷の新しい書店の立ち上げに携わった後、2012年に独立。車で公園や大学、イベント会場などに出向いて出店する「移動式本屋」を始めた。

利用者は団地住民、書店が成立するのか…

 三田さんも書店がある団地で…

この記事は有料記事です。残り1306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら