シャープ、最終赤字2608億円 液晶パネル工場などの減損響く

中村建太
[PR]

 シャープが11日発表した2023年3月期決算は、最終的なもうけを示す純損益が2608億円の赤字(前期は739億円の黒字)だった。液晶パネルの価格下落を受けて、堺市の液晶パネル工場の設備などの減損損失を計上した。

 同社の純損益が赤字に転落するのは、液晶パネル事業の失敗による経営危機によって鴻海精密工業の傘下に入った直後の17年3月期以来、6年ぶり。

 23年3月期の売上高は前年比2・1%増の2兆5481億円、本業のもうけを示す営業損益は257億円の赤字(前年は847億円の黒字)だった。営業損益の赤字は16年3月期以来、7年ぶり。

 同期末の純資産は2223億円で、経営の健全度の指標となる自己資本比率は前年から約11ポイント下がって11・8%となった。(中村建太)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません