ABCテレビ「CHEF-1」収録中に転落事故 30代シェフが骨折

[PR]

 朝日放送テレビ(ABCテレビ、大阪市福島区)は15日、同局が制作する若手料理人の料理バトル番組「CHEF―1グランプリ 2023」準決勝の収録中、出演者の男性シェフがセットから転落し、重傷を負う事故があったと発表した。

 局によると、事故は14日午後1時18分ごろ、東京都内のスタジオで起きた。当日は準決勝の収録中。結果発表の際には、敗退した出場者が立つ床が下に沈み込む演出をとっていたという。

 30代の男性シェフは勝ち残ったがセットから移動する際、床の沈んだ部分(120センチ×90センチ)に誤って転落し、セットの約2メートル下で腰を強打。救急搬送され、第12胸椎(きょうつい)破裂骨折との診断を受けて入院している。この日は朝から収録をしており、事故後は床が沈む演出を取りやめたが、撮影は続けたという。

 局は「今回の状況を調査した上で、今後はよりいっそう安全対策に万全を期する所存です」とコメントしている。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません