大阪・河内のかわいいアイガモ ヒナたちの行く先はどこ?出荷最盛期

KANSAI

筋野健太
[PR]

 「アイガモ農法」に使われるアイガモのヒナの出荷が、最盛期を迎えている。河内鴨(かわちがも)を生産するツムラ本店(大阪府松原市)では、孵化(ふか)して間もない体長10~15センチのヒナが元気よく走り回ったり、プールで泳いだりしていた。

 アイガモは水田で雑草や害虫を食べ、フンが肥料になるため、米の無農薬栽培に役立つという。6月末までに約3千羽が全国各地の米農家に出荷される。

 6代目の津村大介さん(32)は「近年のオーガニック意識の高まりを追い風にして、農家さんにはアイガモ農法で甘みがあっておいしい米作りに挑戦してほしい」と話す。(筋野健太)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[もっと見る]