TikTok禁止法がモンタナ州で成立 米国初、法廷闘争の公算大

有料記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米北西部モンタナ州のジアンフォルテ知事は17日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を禁止する州の法案に署名し、法律が成立した。来年1月に施行される。同アプリを禁止する法律は全米の州で初めて。ティックトック側は反発しており、法廷闘争に発展する公算が大きい。

 同法は州内でのティックトックの運営を禁止するほか、米グーグル米アップルのアプリ配信サービス上での提供も禁止する。違反した企業には1日あたり1万ドル(約140万円)の罰金を科すが、個人の利用者への罰則はない。ジアンフォルテ氏は声明で「中国共産党がティックトックを使って米国民を監視し、プライバシーを侵害していることは十分裏付けられている」と訴えた。

 ティックトックは17日の声…

この記事は有料記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

  • commentatorHeader
    藤井涼
    (UchuBiz編集長)
    2023年5月22日10時57分 投稿
    【視点】

    ついに禁止法まで成立する事態へと発展しましたが、票数は賛成が54、反対が43となっており、反対派も意外と多いことが分かります。2024年1月1日に発効される予定の「SB419」と呼ばれるこの法案では、データ収集の懸念のほか、TikTok内で