親友と築いた「魔法」の呼吸法 森友哉の2人旅、そこに大阪桐蔭の絆

有料記事オリックス・バファローズ

高橋健人
[PR]

 2022年4月2日の夜、埼玉西武ライオンズに所属していた森友哉LINEのビデオ通話をかけた。

 親友に聞いてほしいことがあった。

 右手のことだ。

 その日のデーゲームが終わった後、ロッカールームで捕手のマスクを投げてしまった。

 それが原因で右手指を痛め、病院で骨折と診断された。

記者サロン「オリックスだけの時間『投手王国の謎に迫る!』」

6月26日(月)午後6時から、オリックスについて語り尽くす配信番組「オリックスだけの時間」第2弾が視聴できます。見逃し配信も可能。チームに一年中密着するフリーアナウンサーの大前一樹さん、元投手の海田智行さんを招き、朝日新聞の担当記者と激論を交わします。投手陣の舞台裏の話題を中心に、シーズン後半の展望も

 「骨、折れてたわ」

 画面の向こうにいた久米健夫さんに包帯を見せた。

 最初は信じてもらえなかった。

 前日1日はエープリルフール。悪い冗談だと受け取られたのだ。

 本当のことだとわかると、久米さんの表情はみるみる険しくなった。

 言葉には怒りがにじんだ。

 「何してるん? 頑張ってきたのに台無しにすんなよ。あほちゃうか」

 2人は大阪桐蔭高野球部の同…

この記事は有料記事です。残り1997文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞大阪スポーツ部長)
    2023年5月29日12時22分 投稿
    【視点】

    森がいなかったら堂々のレギュラーとして、甲子園でも大活躍できただろうに――。 2013年春、夏の甲子園、久米捕手はそんなことを言われていました。 それでも副主将として大きな声を出し、チームを支えました。森捕手がケガをしたセンバツ大会では

    …続きを読む