シリアスと笑いの間で ジャニーズWEST濱田崇裕さんが悩んだ現場

有料記事

写真・図版
[PR]

突撃ジャニーズWEST

 人気アイドルグループ「ジャニーズWEST」のメンバーが、月ごとに交代で近況や思いを語るコラム。今月は濱田崇裕さんが、出演中の連続ドラマで得た経験について語ります。(※「濱」は正しくは異体字)

 □  ■  □

 放送中の月9ドラマ「風間公親 ―教場0―」(フジ系)は、警察学校の冷酷な教官を描いた単発ドラマ「教場」シリーズの前日譚(ぜんじつたん)。今作では舞台を捜査1課に移し、木村拓哉さん演じる風間公親が、指導官として新米刑事たちを鍛え上げます。

 本作で僕が演じているのが、谷本という捜査1課の刑事です。新米たちの前では偉そうに振る舞うくせに捜査の腕はいま一つという、コミカルな顔を持つキャラクター。シリアスな作品の中に、ほんわかした空気を生み出すことがミッションの一つです。刑事は現場で白い歯を見せてはいけないとも言われる中、どうやって場の空気を変えるのか。バディ役の結木滉星(ゆうきこうせい)さんとともに試行錯誤を重ねながら、撮影に臨みました。

 ちなみに年下の結木さんとは…

この記事は有料記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません