高知県に線状降水帯 気象庁が「顕著な大雨」情報、安全確保呼びかけ

[PR]

 高知県に線状降水帯が発生し、同じ場所で非常に激しい雨が降り続いているとして、気象庁は2日午前8時10分、「顕著な大雨に関する情報」を発表した。

 線状降水帯は、次々と発生する積乱雲が線のように連なり、同じ場所を通過・停滞することで大雨をもたらす。

 気象庁は、命に危険が及ぶ土砂災害や洪水による災害が発生する危険度が急激に高まっているとして、注意や安全確保を呼びかけている。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら