激戦地で「前進」、ゼレンスキー氏「バフムート方面、よくやった」

有料記事

ロンドン=金成隆一
[PR]

 ウクライナゼレンスキー大統領は5日夜のビデオ演説で、ウクライナ東部ドネツク州の激戦地バフムートについて「私たちが期待する一報をもたらしてくれた兵士たちに感謝する。バフムート方面、よくやった」と述べた。領土奪還に向けたウクライナ軍の反転攻勢が始まった可能性を指摘する声が出ている。

 ゼレンスキー氏は軍の戦闘部隊について「巧みに、断固として、効率的に陣地を守り、占領者(ロシア軍)を撃破し、最も重要なことに前進している」とたたえた。ただ、戦況の詳細には触れなかった。

 同国のマリャル国防次官も5日、ウクライナ軍がバフムート方面で「かなり広い前線」に沿って前進している、とSNSに投稿。「一部の地域で攻勢に向かっている」ともつづった。現地メディア「キーウ・インディペンデント」が伝えた。

 ウクライナのクレバ外相は5…

この記事は有料記事です。残り486文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら