教員が保存先誤り…成績などの情報、児童6人がタブレットから閲覧

天野剛志
[PR]

 兵庫県三木市教育委員会は6日、市立自由が丘東小学校で、6年生児童のクラス分け時の資料など個人情報が一部の児童に漏洩(ろうえい)した、と発表した。同校の教職員らが関係する児童の家庭を訪問し、謝罪した。

 市教委によると、資料は6年生の3年生当時(45人)のクラス分けの際に作られ、成績や健康面、家庭に関することなどの情報が含まれていた。

 教員が、児童がタブレット端末でアクセスできるフォルダーに誤って保存し、今月1日に児童6人が閲覧した。フォルダーへは校内のみからアクセスでき、外部への流出はないという。

 閲覧した児童から話を聞いた保護者が学校側に連絡し、漏洩が判明した。学校側は直ちに当該データを削除したという。(天野剛志)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら