東芝が株主にTOBへの応募を推奨 「最善の確信高まった」

[PR]

 東芝は8日、日本産業パートナーズ(JIP)によるTOB(株式公開買い付け)について、株主に応募を推奨すると表明した。3月に買収提案の受け入れに賛同した際には、経済の先行きが不透明なことなどを理由に株主への推奨は保留していた。

 8日の取締役会で全会一致で決定した。1株4620円、計2兆円規模の買い付け価格について、引き上げを交渉する材料が現時点でなく、「最善のものであるとの確信が高まった」ためとしている。

 JIPによるTOBは7月下旬に予定され、株主の3分の2以上が応じれば東芝の買収が成立する。この買収計画には、三井住友銀行オリックス半導体大手のロームなど約20社が融資や出資を通じて参加している。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら