交通安全も「気合だ」浜口京子さん ピーポ君がふらつく場面も

宮脇稜平
[PR]

 秋の全国交通安全運動(21~30日)を前に、警視庁昭島署と福生署は16日、JR拝島駅東京都昭島市)で交通安全を訴えるイベントを開いた。レスリング元日本代表の浜口京子さんが一日署長を務め、「交通安全の気合注入をさせていただく」と呼びかけると、集まった駅利用者とともに「気合だ!」と10回叫び、会場を沸かせた。

 イベントには親子連れらが集まり、昭島署の福島稔署長が「これから日が短くなり、事故の発生が予想される」と注意喚起した。浜口さんも、父のアニマル浜口さんから、交通事故に気を付けるように言われて育ったエピソードを披露するなどした。

 一方、イベントの会場を同駅のロータリーに移した後に、警視庁のマスコット「ピーポくん」が倒れるアクシデントがあった。昭島署によると、着ぐるみを着た女性署員が暑さで体調を崩したとみられる。女性署員は病院には行かずに署に戻り、回復して帰宅したという。(宮脇稜平)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら