[PR]

 京丹後市役所で4日、市内の福祉施設などで障害者らが制作した工芸品などを集めた作品展が始まった。8日まで。

 障害者週間(3~9日)にあわせた催しで、市内12の施設や団体から出品があった。絵画や陶芸、手芸品などのほか、作業訓練の一環で作ったクッキーや木工品などの「ほっとはあと製品」の展示・販売もある。

 この日記念式典があり、障害児(者)多機能型生活支援センターろむの山田和希さん(19)と今西莉穂さん(19)が「苦手なことも仲間と一緒に取り組む」などとあいさつ。市の手話奉仕員養成講座を修了した女性らでつくる手話サークルが手話歌を披露した。

 問い合わせは市障害者福祉課(0772・69・0320)。