[PR]

 東京、神奈川、埼玉、群馬の4都県の代表チームが争う第8回マスターズ甲子園関東大会(主管・東京都高校野球OB連盟、朝日新聞東京総局など後援)が10日、東京都の江戸川区球場で開かれた。元高校球児の選手たちが母校のユニホームに身を包み、懸命に白球を追った。

 藤嶺藤沢(神奈川)が前橋育英(群馬)を17―11で破り、埼玉選抜も国学院久我山(東京)を10―6で下した。雨が強くなって決勝は中止され、藤嶺藤沢と埼玉選抜の両チーム優勝とした。2009年に始まった大会で、第2回の12年以降は毎年開かれている。