[PR]

 7月6日の第101回全国高校野球選手権京都大会(府高校野球連盟、朝日新聞社主催)開会式でアナウンスをする高校生2人が16日、決まった。この選考も兼ねた府高校放送コンテスト(府高校文化連盟放送専門部、NHK京都放送局主催)が左京区で開かれ、放送部員8人の中から選ばれた。

 2人は、府立福知山高校(福知山市)2年の栗原杏沙(あずさ)さん(16)=同市=と、府立桂高校(西京区)3年の中村志織(しおり)さん(18)=上京区。栗原さんが入場行進のアナウンスを担当し、中村さんが開会式の司会を務める。2人は府高校放送コンテストのアナウンス部門に参加。選手入場の原稿を読み、読み上げのうまさや声の通りやすさを競った。

 中村さんは昨年も京都大会の司会を担当。「去年は緊張して早口になってしまった。今年こそは納得のいくアナウンスをしたい」と意気込んだ。栗原さんは「楽しみな気持ち。先輩の中村さんから学んでいきたい」と話した。(山崎琢也)