[PR]

北電、復旧めど立たず

 北海道電力は7日、液化天然ガス(LNG)を燃料とする石狩湾新港発電所1号機(北海道小樽市、56・94万キロワット)が設備トラブルで停止したと発表した。排熱回収ボイラーから排ガスが漏れているのを確認し、同日午後5時46分に停止した。ボイラー外壁の部材が損傷しているという。復旧の見通しは立ってない…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら