[PR]

◇わかやま空中散歩◇ 樫野埼灯台

 本州最南端の潮岬の東にある紀伊大島の東端から熊野灘へ光を投げる。1870(明治3)年に建てられた日本最古の石造り灯台。南側に広がる、ごつごつとした岩礁は「船甲羅」と呼ばれる難所だ。

 130年前の9月の夜、嵐に見舞われたトルコの木造軍艦「エルトゥールル号」が、この岩礁で座礁した。助けを求める乗組員が、光を頼りに崖をよじ登って灯台へ駆け込み、懸命な救助活動が始まった。

 灯台の近くには、遭難を記録するトルコ記念館、慰霊碑があり、日本とトルコの友好の歴史を学べる。隣接の旧官舎は、英国人技師が設計し、灯台とともに建てられた洋風建物(国登録有形文化財)。内部に入ると、重厚な明治の香りを感じる。

(直井政夫)