コロナ禍だから「温かい場面を」

会員記事

[PR]

◆全日写連支部が写真展

 全日本写真連盟の支部「写楽」による写真展が14日、関市本町2丁目の「せきまちかどギャラリー」で始まった。コロナ禍で撮影会や発表の場が減るなか、会員がそれぞれの表現で切り取った24点を展示している。19日まで。

 43回目の今年は9人が出品した。「全日本写真展2020」で入…

この記事は会員記事です。残り186文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。