池川茶業組合 最優秀賞受賞 土佐茶品評会

[PR]

 土佐茶振興協議会主催の高知県茶品評会で高く評価された生産者の表彰式が19日、高知市内であった。

 品評会は7月にあり、36点の茶が出品された。審査の結果、池川茶業組合(仁淀川町)が最優秀賞を受賞。JA高知県仁淀川地区吾川支所吾川茶工場など6点が入賞した。

 満点で1位となった池川茶業組合の品原伸組合長は「十分に肥料を与え、昨年より早めに摘み取るなど工夫したことでよい茶ができた」と話した。

 土佐茶は県産茶葉100%で作られたお茶の総称。県によると、産地の多くは仁淀川や四万十川の上流域にある。県内の茶の栽培面積は計161ヘクタールで、昨年は計177トン生産された。(冨田悦央)