[PR]

 『葭(よし)の渚(なぎさ) 石牟礼道子自伝』

 ◇泣きなが原を、ひとり歩む 石牟礼道子さん(87歳)

 飛行機が熊本に着く前、涌蓋山(わいたさん)ののびやかな稜線(りょうせん)が見えた。山麓(さんろく)にある「泣きなが原」がこの世でいちばん好きな地名だと、石牟礼さんは教えてくれたことがある。「祈…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも