[PR]

 運転を始めて40年前後経過した原発について、関西、中国、四国、九州の4電力社長が30日までに、廃炉にするかどうかを検討する考えを表明した。東京電力福島第一原発事故で規制基準が厳しくなり、老朽原発を維持するには巨額の設備投資が必要だからだ。一方で数十年かかる廃炉のコスト負担は重く、各社は難しい選択を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも