[PR]

 監督は泣いていた。

 京都市にあった名画座、京一会館の思い出を、瀬々(ぜぜ)敬久監督(53)に聞いた時のことだ。1980年代前半、京都大生だった監督は京一会館でもぎりのアルバイトをしていた。「京一のことを思うと、切なくなってしまうのです」

 ビデオのない時代、過去の作品を見るにはテレビか名画座しか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも