[PR]

 魅力的な宇宙未来計画の一つに「太陽発電衛星」があります。宇宙空間に巨大な太陽電池パネルを広げて発電し、そのエネルギーをマイクロ波に変換して地上に伝送する――。この壮大な考えを初めて提案した人をご存じですか? ピーター・E・グレーザー博士。1968年のことです。その博士が5月29日に90歳で亡くなり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも