[PR]

 アメリカで西部劇映画が滅んでしまったように、日本でも時代劇映画が「衰退」の時期を過ぎ、「滅亡」の時を迎えようとしている。この「太秦(うずまさ)ライムライト」は、滅びゆく時代劇映画への悲哀に満ちた挽歌(ばんか)とでもいうべき作品となっている。

 だが、若い監督である落合賢がその主役に選んだのは、かつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも