[PR]

 直木賞候補は6度目だった。

 「嫁はんは『あっそ』の一言。僕もどこかひとごとみたいな感じ」。注文がなくなれば引退も。そんな思いが頭をよぎりはじめていたそうだが、「もう少し頑張れということかな」と笑った。

 京都市立芸術大で彫刻を学んだあと、スーパー社員を経て、大阪府立高校の美術教師に。30年ほど前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも