[PR]

 パレスチナのマンスール国連大使は18日、朝日新聞と単独会見した。イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの地上侵攻で市民の犠牲者が急増しているとし、国連安全保障理事会は侵攻をやめさせる責任があると指摘。安保理が機能しなければ「国際司法や国連総会など、市民を保護するためにあらゆる手段を使う」と強調し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも