[PR]

 シベリア抑留で死亡した日本人らの遺骨約3万4千柱が、今も、祖国への帰還を待っている。厚生労働省は先月、遺骨収集帰還団をロシア沿海地方に派遣した。団員は抑留経験者、父親を抑留で亡くした人、大学生ら。魂を祖国に――。7月25日まで9日間、世代を超えた思いを一つに、土を掘り起こした。「終わらぬ戦後」の象…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも